医療の気になるニュースを配信しています。

三大栄養素について

食事は、毎日を健康に過ごすために必要なものです。
バランスの良い食事をしっかりと食べないと、栄養が不足して健康を害することになってしまいます。
ここでは、毎日摂取すべき栄養の中でも特に重要な、三大栄養素というものをご紹介します。
三大栄養素とは、炭水化物と脂質とタンパク質のことです。
まず炭水化物は、消化吸収されることで糖となります。
糖は生命を維持するために必要なエネルギーです。
糖によって体は動き、脳も機能するのです。
生きていくうえで必ずおこなっている呼吸や血液の循環も、糖をエネルギーとしています。
炭水化物は、主に穀物に多く含まれています。
パンや白米を主食と呼ぶのは、それに含まれている炭水化物が、生命の源となる主な栄養分であるからです。
次に脂質ですが、これも糖と同じく体を動かすために必要なエネルギーとなります。
また、食事によって得た栄養分を吸収するためにも必要であり、さらには血液や細胞膜の材料ともなります。
ただし脂質には種類があり、体に良いものとそうでないものとがあります。
前者はアボカドや青魚に多く含まれています。
そして肉の脂身やスイーツ類には悪玉コレステロールを増やす脂質が多く含まれているのです。
健康のためには、体に良い脂質を積極的に摂取し、体に悪い脂質の摂取は控えることが大事です。
そしてタンパク質は、人間の筋肉や骨や内臓や皮膚など、多くの部分を構成している成分です。
つまりそれらを正常な状態で維持するためには絶対に必要な栄養分なのです。
タンパク質が不足すると、体の各部の機能が衰えてきて、疲れやすくなります。
また、肌や髪などの状態も悪くなるので、美容面でも悪影響をきたします。
タンパク質は肉類や魚や卵などに多く含まれています。
また、動物性のものだけでなく大豆などに含まれる植物性のタンパク質もあります。
これらの三大栄養素を毎日しっかりと摂取することで、健康な状態を保つことができ、日々を快適に過ごせるようになります。